免責事項/アクシデントへの対応

asobi基地ユニバーシティが実施するプログラムにおいては、以下のとおり免責事項を設けています。

「自由」と「自己決定」をベースに、子どもの飛躍的な成長を目指すスタイルであるため、世間一般の自然体験プログラムや、教育プログラムとは、大きく異る部分があります。

プログラムに参加するすべての方に同意いただく必要がありますので、必ず熟読をお願いいたします。

【asobi基地ユニバーシティの価値観をより詳しく知りたい方は、こちらをお読みください】

なぜ「自由」と「自己決定」なのか。それが最速の学びだから! – note

asobi基地ユニバーシティでは、「子どもが自分の責任で選択をして、自由に行動できる」環境を最優先に、子どもたちの見守りを行います。

したがって、プログラム参加時に、お子さん自身の「選択」や「挑戦」を尊重するなかで、さまざまな怪我をする可能性があります。

一方で、致命的な事故だけは絶対に避けなければなりません。死亡事故や、後遺症が残るような大怪我に繋がらないよう、万全の体制で安全管理・リスク回避を行います。

第2条:喧嘩などトラブルについて

asobi基地ユニバーシティでは、意見の衝突や、喧嘩を、「価値観が違う他人と共存し、同時に自分の自由も守るためにはどうしたらいいのか?」という社会性を学べる、貴重な機会であると捉えています。

よって、居合わせた子ども同士の個性、相性によっては、トラブルが発生するケースがありますが、これを禁止せず、致命的な事故とならないように注意しながら見守ります。

当事者の子ども、あるいは巻き込まれてしまった子どもが、怪我をする可能性があることはもちろん、様々な人間関係や、突発的な事象の影響で、悔しい思いをするなど一時的に精神的影響を受ける可能性があります。

スタッフは一人ひとりを近い距離から見守りつつ、細かくフォローしていきます。

大人は、発生したトラブルに対して、どちらが悪いという裁定や「こうしなさい」という指導は一切行わず、見守り役・整理役・聞き役に徹します。

自分の気持ちを相手に伝えること、相手の気持ちを知ること、あるいは他の子のさまざまな意見を聞くことによって、その場ではうまくいかずとも、自分なりのしなやかな人間関係の作り方を模索できる場作りを目指します。

第3条:怪我、損害の補償について

一般社団法人asobi基地ユニバーシティでは、これらプログラム参加中の怪我や損害について、いかなる場合においても補償いたしません。

アクシデントや怪我等に備え、保護者の責任において、必要に応じて保険(国内旅行傷害保険など)の加入をお願いいたします。

なお、一部プログラムにおいては、宿泊・交通代金に、国内旅行傷害保険が含まれている場合があります。募集要項に記載していますので、ご確認をお願いいたします。

第4条:無料見守りサービスについて

asobi基地ユニバーシティの無料見守りサービスは、お子さん自身が行程を把握し、自分の力で行き来しようとし、いざというときには大人のアドバイスを元に自分で考えて行動できることが利用条件となります。

大人の引率がなければ行き来できない場合は対象外となりますので、ご注意ください。

また、asobi基地ユニバーシティの見守りスタッフは、ツアーコンダクターではないため、旅程管理業務や案内業務は一切いたしません。

よって、移動中の事故・怪我等はすべて自己責任となり、一般社団法人asobi基地ユニバーシティでは、一切の責任を負わず、補償もいたしません。

詳細はこちら:無料見守りサービスについて(首都圏のみ対応)

第5条:アレルギー等について

参加するお子さんが、致命的な事故に繋がる恐れのあるアレルギーを保持していたり、そのほか特別の配慮を必要とする事由を抱えている場合は、保護者さまの責任において、プログラム参加申し込み時に、必ず申告をするものとします。

申告がなかった場合、事故・トラブル等が発生したとしても、一般社団法人asobi基地ユニバーシティでは、一切の責任を負わず、補償もいたしません。

なお、申告いただいた内容により、事故を確実に防ぐことが困難だと考えられる場合は、参加申し込みをお断りせざるを得ない場合があります。できる限り前向きに検討をいたしますが、ご了承くださいませ。

第6条:プログラム参加の途中打ち切り&お迎え要請について

asobi基地ユニバーシティのプログラムでは、自分たちの生活(衣食住)を自分たちの責任で行い、必要最低限のルールを守ることにより、子どもたちが主導権を持って活動できる、自由な環境が成り立っています。

10代前半・小学校高学年〜中学生向けにプログラムを設計しており、低年齢でも特別な配慮は一切行いません。小学校低学年以下の場合や、個々の成長・発達の段階によっては、高度な内容となってしまう場合がありますので、ご注意ください。

これはプログラムの性質の問題だけではなく、運営上、スタッフが少数の子どもに付ききりになれる態勢にないということでもあります。

よって、以下のような場合、プログラム参加を打ち切り、活動フィールド現地までお迎えに来ていただくケースがあります。

  1. 自分・自分たちで決めた責任を果たすことが難しく、結果的に他のプログラム参加者の活動を著しく阻害してしまう場合
  2. 安全のための必要最低限のルールを守ることができず、致命的な事故が発生するリスクを無視できない場合
  3. その他、プログラム運営責任者が、予定どおりのプログラム遂行が困難だと判断した場合
※プログラム参加打ち切りの場合でも、プログラム参加費の返金は行いません。ご了承ください

以上となります。

不明点などございましたら、こちらよりお問い合わせください。