満員!【7/25-27】asobi基地アドベンチャー2022|石樋シャワートレッキング&キャンプ

国内最高峰の大自然の中で、真夏の最高の水遊び!

群馬県嬬恋村のバラギ高原・宇田沢(うたんざわ)。真夏でもしびれるほどに冷たい、透明な水が、石畳を滑るように流れていて、通称・石樋(いしどい・いしどよ)と呼ばれます。

大人ですらその場に立てば感嘆の声をあげ、ワクワクせずにはいられません。そんな最高の沢で、滝壺に飛び込み、沢を自由にさかのぼり探検し、自然のウォータースライダーで思う存分に遊びます。ときには、イワナの魚影が見えることも!

拠点とするバラギ高原キャンプ場の近くには、無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場が管理するフィッシングエリアがあり、マス釣りにチャレンジ。釣れた魚はもちろん自分たちでさばいていただきます。

自分で決められるから、やりたくなる。

やりたいと思っているから、夢中になれる。

夢中になっているから、飛躍する。

「やってみたい」「気になる」から出発して没頭することを、当たり前の自分の武器に!

大人になる子どもたちのための実験場「asobi基地ユニバーシティ」

お申し込み

※Peatixにてチケットを取得&必要事項を入力いただいたあと、Eメールにて、プログラム参加費のお支払いについてご連絡する流れとなります。Peatixチケット取得時点でお申し込み成立となり、時期によりキャンセル料の対象となります

※参加費をお支払いいただいた後、当日までの細かなご連絡は、Microsoft Teamsを使用します。asobi基地ユニバーシティのTeamsコミュニティに未加入の方は、参加方法をご案内いたします

開催概要

日程

《オリエンテーション(オンライン)》

2022年7月15日(金)20:00〜21:00

初めての環境の不安を解消します。自分の他にどんな子が参加するのかも、このタイミングでわかります。

  • どうやって群馬県嬬恋村まで行く?
  • 石樋(いしどい)ってどんなところ?
  • 3日間のスケジュールを確認!
  • 「やってみたい」「やりたい」からすべてが始まる。過ごし方を決めるのは自分たち!

本番が楽しみになるように緊張をほぐしながら、本番当日がイメージできるようにコミュニケーションします。どうしても参加できない事情がある場合は、ご相談ください。

《プログラム本番》

2022年7月25日(月)〜27日(水)2泊3日

※雨天実施。台風直撃レベルの荒天で、シャワートレッキングの実施が不可能と判断される場合は中止とし、参加費を返金いたします

集合

基本は、現地集合・現地解散となります(東京駅からの見守りサービス対応)。

ただし今回のプログラムでは、軽井沢駅〜バラギ高原キャンプ場間の交通手段が限られるため、シャトルタクシーを用意しています(片道4,620円/利用は任意)。

集合の場所と時間は、以下のいずれかからお選びください。

  1. 東京駅 10:15(東京駅からの見守りサービス+シャトルタクシーを利用する場合)
  2. 軽井沢駅 11:45(見守りサービスに軽井沢駅で合流し、シャトルタクシーを利用する場合)
  3. バラギ高原キャンプ場 13:00(お子さん単独で現地へ向かう場合。または親御さんが送迎する場合)
集合場所の詳細については、お申し込みいただいたあとに、Microsoft Teamsにてご案内いたします。

      出かけた瞬間からアドベンチャー!東京駅からの見守りサービス

      asobi基地ユニバーシティでは、インターネットやスマートフォンを駆使して自分の力で現地まで向かう経験も、自分の世界を広げ、成長する機会にしてほしい、と考えているため、現地集合・現地解散を基本としています。

      しかし、たった一人で遠方まで送り出すのは、やはり心配もあります。

      そこで、同じプログラムに参加する子ども同士で、一緒に現地へ向かうことができるよう、いちど東京駅で集合し、子どもたちが自分の力で行き来するのを、スタッフが見守る無料サービスを用意しています(親が送迎をしても、見守りサービスを利用しても、料金は変わりません)。

      お子さんが、同サービスを利用する他の友だちとわいわい現地へ向かう状況は、逐一メッセンジャーアプリでお知らせします。ぜひご活用ください。

      ※なお、スタッフはツアーコンダクターではありませんので、移動中の事故・怪我等は、一般社団法人asobi基地ユニバーシティでは一切の責任を負わず、補償いたしません。大人がいなければ行き来できない場合は対象外となりますので、ご注意ください。詳しくは、免責事項/アクシデントへの対応をご確認ください。

      *****

      《見守りサービスの行程》

      往路:2022年7月25日(月)

      10:32 新幹線 はくたか559号 東京駅 発

      11:38 軽井沢駅 着

      12:00ごろ シャトルタクシー 軽井沢駅 発

      13:00ごろ バラギ高原キャンプ場 着

      ///////

      復路:2022年7月27日(水)

      11:30ごろ シャトルタクシー バラギ高原キャンプ場 発

      12:30ごろ 軽井沢駅 着
      |(軽井沢プリンスショッピングプラザの飲食店にて各自で昼食。おみやげ購入可)
      13:56 新幹線 あさま618号 軽井沢駅 発

      15:12 東京駅 着

        費用

        プログラム参加費 39,600円(税込)/1名

        プログラム参加費、食費(2泊5食)、テント+マット(またはコット)、燃料(薪、ガス)、バラギ高原キャンプ場使用料

        《お友だち割引》リピーターの方は、asobi基地ユニバーシティ未経験の友だちを誘って一緒に参加すると、誘った側・誘われた側、双方の参加費10%OFFに!

        支払い方法/PayPal(クレジットカード、デビットカード)、銀行振込

        【7/11 14:00〜お申し込み分|キャンセル再募集のお支払い条件 】

        ※Peatixよりお申し込み後、内容を確認し、Eメールにてお支払い方法をご案内いたします。メール送信日の翌日から起算して2日以内(土日祝を除く)にお支払いをお願いいたします。お支払いがない場合、自動的にキャンセルとなりますので、ご了承ください(自動キャンセルもキャンセル料の対象となります)。

        企画・販売:一般社団法人asobi基地ユニバーシティ

        シャトルタクシー《片道》 4,620円(税込)/1名 ※利用は任意

        • 7月25日(月)軽井沢駅 – バラギ高原キャンプ場
        • 7月27日(水)バラギ高原キャンプ場 – 軽井沢駅

        支払い方法/クレジットカード(VISA、マスターカード、アメックス、JCB)、コンビニ決済(ローソン、ファミリーマート、ミニストップ)、銀行振込決済

        企画・販売:JGA株式会社(第二種旅行業登録)

          その他、自宅からの交通費、初日および最終日の昼食代、バラギ高原 湖畔の湯 入浴料(大人500円、小人300円)、釣りをする場合は「えさ釣り専用池」釣り代金など実費がかかります。

          また拠点とするバラギ高原キャンプ場の向かいにある、無印良品 カンパーニャ嬬恋キャンプ場のセンターハウスにて、お菓子、アイス、飲み物などの買い物ができます。おこづかいの持ち込みは自由です。ただし紛失等は自己責任となりますので、管理方法をお子さんとよく相談なさってください。

          キャンセル料規定

          【プログラム参加費】私的な都合によるキャンセルの場合

          • 本番2ヶ月前まで……無料
          • 本番1ヶ月前まで……20%
          • 本番20日前まで……30%
          • 本番7日前まで……50%
          • 本番前日まで……70%
          • 当日又は無連絡不参加……100%
          ※Peatixチケット取得時点でお申し込み成立となり、キャンセル料の対象となります。慎重にご検討のうえでお申し込みください

            【プログラム参加費】体調不良および新型コロナウイルスを保持している可能性がある場合のキャンセル

            • 本番当日まで……無料
            ※該当する場合は、医療機関の受診や濃厚接触者に認定されたことがわかる資料、新型コロナウイルス検査結果などの提示をお願いいたします
              【交通】
              • 旅行出発日の前日から起算して21日前まで……無料

              • 旅行開始日の前日から起算して20日前まで……旅行代金の20%

              • 旅行開始日の前日から起算して7日前まで……旅行代金の30%

              • 旅行開始日の前日……旅行代金の40%

              • 旅行開始当日……旅行代金の50%

              • 旅行開始後の解除又は無連絡不参加……旅行代金の100%

              Peatixにてチケットを取得いただくと、お申し込み成立となり

              宿泊

              バラギ高原キャンプ場でのテント泊となります。

              以下の3パターンよりお選びいただけます(定員あり)。

              1. 秘密基地のような1人用テント
              2. ドームテント|兄弟姉妹での利用
              3. ドームテント|友人同士での利用(男女別)※新型コロナウイルス感染リスクを許容するご家族のみ

              ※テント一式はご用意しますが、寝袋(シュラフ)のみ、新型コロナウイルス感染対策の観点から、持参をお願いしております

              ※利用テントの種別にかかわらず、参加するお子さん全員に、新型コロナウイルス検査での陰性を確認していただきます。またスタッフも陰性確認をいたします

              ※ドームテントは原則として4〜6人向けを3名で、3〜4人向けを2名で余裕を持って利用します(男女別とする都合上、利用人数が多少前後する場合があります)。またスタッフは子どもとは別テントでの就寝となります

              参加資格/定員

              推奨年齢:小学校3年〜中学生

              年齢制限はありません。ただし、以下の3点にご留意ください。

              1. asobi基地アドベンチャーでは、自分たちの生活(衣食住)を自分たちの責任で行い、最低限のルールを守ることにより、自由な環境が成り立っています
              2. 道迷いや遭難、怪我の危険もあるフィールドであり、小学校高学年〜中学生向けにプログラム設計しています
              3. 子ども本人にプログラム参加の意欲がない場合、asobi基地ユニバーシティの場と言えども、主導権を持って活動することは困難です。本人に参加の意志があることを必ずご確認ください

              ※小学校低学年以下でのチャレンジも歓迎いたします。一方で、安全上絶対に欠かせないルールを無視してしまうなど、致命的な事故に繋がるリスクが現実的に考えられる場合、また他参加者の活動を著しく阻害する結果となってしまう場合等は、運営責任者の判断でプログラム参加を終了し、現地までのお迎えを要請する場合があります。低年齢での参加を検討する場合は、どうぞご了承くださいませ

              募集人数:一次募集12名(申し込み状況により最大18名まで増員の可能性あり)

              ※最少催行人数6名。2022年7月11日(月)までに5名以下の場合は、催行中止となります

              参加にあたり同意いただく必要がある事項

              プログラムに参加するすべての方に同意いただく内容となります。お申し込みにあたり、必ず確認をお願いいたします。

              1. 免責事項

              2. 新型コロナウイルス対策関連

              【必読】新型コロナウイルス対策 基本指針

              学校活動同様、可能な限りの感染対策は行いますが、遊びが盛り上がったり、掛け値なしの自然環境にワクワクしたり、やりたいことに熱中したりする中で、どうしても子ども同士の距離が近くなる場面が出てきます。スタッフおよび参加者の中に、ウイルス保持者がいた場合に感染リスクを排除することが困難です。

              よって、可能な限りウイルスを持ち込む可能性を少なくできるよう、以下のとおり参加条件を設けます。

              1. プログラム実施前6日間に、新型コロナウイルス感染が疑われる風邪等の症状がないこと
              2. 直前のPCR検査、抗原定性検査で陰性であること

              ※スタッフも検査での陰性確認を行います

              3. 不可抗力による開催中止

              以下のような場合に、やむを得ず催行中止となる場合があります。

              • 拠点とするキャンプ場が閉鎖され、プログラム実施が困難な場合
              • 台風、地震、リスクの高いウイルスの流行、武力衝突の緊張の高まりなど、子どもおよびスタッフの安心・安全をasobi基地ユニバーシティとして確保できないと判断される場合
              • 様々な事情で参加人数が大幅に減り、子どもに価値のある体験を提供できないと判断される場合
              • 運営スタッフが直前の怪我・病気等で欠員し、代替人員も確保できず、子どもたちの安全を充分に確保しながらのプログラム実施が困難だと判断される場合
              • その他、不可抗力により、プログラム実施が適当でないと判断される場合

              一般社団法人asobi基地ユニバーシティの過失によらない、以上のような理由による催行中止の場合、参加者様に損害が発生したとしても補償は一切できませんので、ご了承お願いいたします。

              また、プログラム参加費は返金となりますが、交通(シャトルタクシー)につきましては、状況により、販売するJGA株式会社の規定に則り、取消料が発生する場合がございます。

              現地プログラム

              スケジュール

              ※スケジュールは目安であり、状況により変更となる場合があります。詳細は、お申し込み後にご案内するMicrosoft Teamsにてお知らせいたします

              《1日目》

              13:00 バラギ高原キャンプ場 集合

              テントを設営し、オリエンテーション。生活ルールおよび午後の予定を決めます。

              マス釣り(任意参加)はこのタイミングがやりやすいです。

              その他、周辺フィールド探検、薪割りや焚き火、虫取り、自由遊びetc.子どもたちが主導権を持って活動します。

              17:30 夕食〜焚き火タイム

              嬬恋村の直売所で調達した野菜やトウモロコシ、浅間ミートのお肉を中心に、BBQや、炊事を行います。

              マス釣りをしていれば、釣ったばかりの魚を自分たちでさばいて食べられます!

              「嬬恋バラギ温泉 湖畔の湯」で入浴ができます。

              《2日目》

              7:00 起床〜朝食

              8:30 いよいよ石樋に向けて出発!

              森の入り口までは、500mほど。さらに静かで気持ちのよい森の中を歩き、宇田沢へ。

              9:30 滝遊び

              10:00 沢歩き探検!

              宇田沢・石樋をさかのぼっていきます。

              遊び方に決まりはありません。自分らしく、感性を解放して、自由に過ごします。

              10:30 秘密のスポットに到着!

              知る人ぞ知る、石樋で最高のスポット!勾配のあるウォータースライダー、飛び込める水深、そして巨石。ここを拠点にしてじっくり遊びます。

              お腹が空いてきたら、ホットサンドのランチを食べ、おおむね12:00頃に切り上げ、キャンプ場へ戻ります。

              「嬬恋バラギ温泉 湖畔の湯」で入浴し、冷えた身体をあたためましょう。

              15:00 子どもミーティング。2日目の夕食、3日目の朝食は、子どもたちが自分たちで食べたいものを作って食べられる、パラダイスタイムとします。担当を決め、買い出しへ出かけます。

              17:30 夕食〜焚き火タイム

              最後の夜は花火も!

              《3日目》

              7:00 起床〜朝食

              8:30 テント撤収開始

              片付けが終わったあとは、最後の自由時間。子どもたちが主導権を持って活動します。

              11:00 クロージング〜解散

              ※現地までお迎えの方は、11:30〜12:00に起こしください

              ※シャトルタクシー利用の場合は、11:30ごろの出発となります

              フィールド紹介

              シャワートレッキング:宇田沢(うたんざわ)の石樋(いしどい・いしどよ)

              安山岩の石畳の川底が250〜300mほど続き、そこを真夏でもしびれるほどに冷たい透明な水がなめるように流れている、全国的にも珍しい、国内随一のスポットです。

              普通はこれだけの秘境には、何時間も山歩きしないとたどり着けないような気がしますが、実は片道2kmほどの森歩きでアクセスできてしまいます。

              マス釣り場|無印良品 カンパーニャ嬬恋キャンプ場

              活動拠点:バラギ高原キャンプ場

              活動、現地での過ごし方

              基本

              asobi基地ユニバーシティの全てのプログラムでは、子どもが「自分の責任で決めて、自由にやってみる」ことが可能な環境が保証されています。

              当プログラムではシャワートレッキングという大きな目的が一つありますが、それ以外は子どもたちが主導権を持って活動することができます。

              条件は、自分たちの生活(衣食住)を自分たちの責任で行うこと。また、必要最低限のルール(安全上必須なことや、キャンプ場が定めている利用ルール等)を守ることです。

              炊事

              シャワートレッキングプログラムでは、スケジュールに余裕をもたせるため、1日目夕食〜2日目昼食までは、運営側で用意します。

              2日目夕食〜3日目は朝食は、自分たちで炊事を行い、食べたいものを作って食べることができるパラダイスタイムです。

              作り方や材料がわからなければ、子どもたち用に用意したスマートフォンで、検索して調べ、チャレンジします。

              喧嘩・トラブル

              asobi基地ユニバーシティでは、意見の衝突や、喧嘩を、「価値観が違う他人と共存し、同時に自分の自由も守るためにはどうしたらいいのか?」という社会性を学べる、貴重な機会であると捉えています。

              よって、居合わせた子ども同士の個性、相性によっては、トラブルが発生するケースがありますが、これを禁止せず、致命的な事故とならないように注意しながら見守ります。

              詳細は「免責事項/アクシデントへの対応」をご覧ください。

              持ち物リスト(ダウンロード)

              子どもたちが自分で荷造りするための、持ち物リストです。

              こちらよりダウンロードいただけます。印刷して、お子さんに渡してあげてください。なお、親が荷造りをした場合、必要なものが「どこにあるかわからない」「お母さんが入れてくれなかった」となるケースがあります。必ずお子さん自身が自分の責任で荷造りをするようにお願いいたします(失敗しても大丈夫です。本当に困れば次から行動が変わっていきます)。

              シャワートレッキング時の服装例

              mont-bell「ライト クリマプレン ロングスリーブ シャツ Kid’s」+「ライト クリマプレン タイツ Kid’s」に速乾素材のショートパンツ。

              ライトクリマプレンは、保水しないので、濡れても身体が冷えにくく、ベストのスタイル。やや高価なのがネックですが、長時間遊び続けられます。

              ラッシュガード、または速乾素材のトレッキング用シャツ&タイツで代用する場合。

              写真は、「クール ロングスリーブジップシャツ Kid’s」+「ライトトレールタイツ Kid’s」+「ストレッチO.D.ショーツ Kid’s」の組み合わせです。

              撥水性能はありませんので、当日の気温によっては少し寒いケースもあるかもしれませんが、条件的には必要十分です。

              その他、留意点など

              ■シャワートレッキングの履き物

              → かかとを固定でき、濡れた岩肌でグリップ力があるアクアシューズなど。ビーチサンダルは脱げる&滑って危険なため不可となりますので、ご注意ください。例:スプリットトゥ アクアグリッパー サンダル など

              ■ライフジャケット

              → 滝壺遊び、沢遊び最奥部で着用必須となります。それ以外の場面では必要ありませんが、非常に冷たい水で防寒の役目も大きいため、お子さんにあったサイズを入手なさってください(Amazon等で数千円で購入できます)。なお、リュック等には入りにくいため、荷物にぶら下げて持参いただくイメージとなります。

              ■シャワートレッキングに出かけるときのバッグ

              → 安価なビニールバッグ等でかまいません。ただし、シャワートレッキング中は両手をあけておかないと危険ですので、必ず背負ったり、肩に掛けられたりするタイプのものとしてください。

              ■レインウェア

              → 防水透湿性素材の上下セパレートタイプのもの。ビニールの雨合羽やポンチョでは、アウトドアフィールドでは役に立ちません。

              参考:雨のキャンプが劇的に楽しくなる!レインウェア(雨合羽)の選び方 完全解説

              ■寝袋

              → 新型コロナウイルス感染防止の観点から持参をお願いいたします。新規購入する場合は、こちら記事で紹介している、iClimbのシンサレート寝袋が圧倒的に軽量コンパクトで、お子さんの負担が軽く、おすすめです。ご検討ください。

              ■保険証

              → 保険適用で医療機関を機関を受診するには、コピーではなく原本が必要です。お金同様、管理方法をお子さんとよく相談なさっておいてください。

              ※全額自己負担で構わない場合は、保険証を持たせなくてもかまいません。必要に応じasobi基地ユニバーシティが立替払いしますので、銀行振込での返金をお願いいたします

              ■手指の消毒薬

              → ハンドソープや、アルコール消毒液は常備しています。もし、肌に合わないものがある場合は、常用しているものを持参お願いします。

              ■スマートフォン等

              → 持ち込み自由です(asobi基地ユニバーシティでは、調べ物に使うなど、積極活用の方針です)。ただし、破損・紛失等は自己責任となりますので、ご注意ください。

              スタッフ

              よりかね隊長(寄金 佳一)

              一般社団法人asobi基地ユニバーシティ 代表理事/asobi基地・関東 アウトドア部 部長。この10年はエンターテイメントからレジャー、アウトドアまで、趣味・特技と仕事を完全に一致させるスタイルで事業を展開。のべ1,500名超の親子&子どもたちをアウトドアフィールドに連れ出す。

              かおりちゃん(池田香織)

              フリーランスベビーシッター。シッター歴20年以上で、0・1歳からティーンのケアまで経験豊富なベテラン。asobi基地キャンプや、海遊び、雪遊び、山歩き企画に多数ボランティア同行。asobi基地ユニバーシティでも、アウトドア系のプログラムを中心に、出没中!