子どもたちが世界を広げていける環境、足りていますか?

沖縄県・石垣島を舞台に、小学生・中学生たちが1週間、自分たちで生活を回します。移動日を除くすべての予定が白紙の中、どこへ行って何をするか、そこでどう振る舞うか、すべての主導権があります。

拠点となるのは、島内有数の観光スポット「川平湾」にほど近く、プライベートビーチまで徒歩数分と最高の立地にあるビーチハウス。

大人に口出しされず、自分自身の気持ちに向き合い、自分の責任で選択をして、思うように行動してみる。

個性的な友人たちに刺激を受け、「価値観が違う他人と共存するにはどうすればいいのか?」というクリティカルな問いと向き合う。

それぞれの決断の末に、未知とイレギュラー、そして様々な “心動かされる体験” に出会う、子どもによる子ども自身のためのグレート・ジャーニーです。

行こうかな?どうしようかな?と考えている子どもたちへ!

お申し込み

運営

asobi基地・関東 アウトドア部

「asobi基地アドベンチャー2021 at 石垣島」は、asobi基地キャンプ等と同様の、ボランティア・非営利運営企画となります。

子どもたちに一生モノの体験をしてもらいつつも、必要経費と実費のみのリーズナブルな参加費設定が特徴です。

一方で、余剰は一切ありませんので、様々な制約があります。可能な限り、必要最小限の費用で実施できるように努力させていただきますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

スタッフ

よりかね隊長(寄金 佳一)

asobi基地・関東 アウトドア部代表。asobi基地ユニバーシティの発起人。エンターテイメントからレジャー、アウトドアまで、趣味・特技と仕事を完全に一致させるスタイルで、この10年は個人事業主。のべ1000名超の親子をアウトドアフィールドに連れ出してきた。


かおりちゃん(池田香織)

フリーランスベビーシッター。シッター歴20年以上で、0・1歳からティーンのケアまで経験豊富なベテラン。asobi基地キャンプや、海遊び、雪遊び、山歩き企画に多数ボランティア同行しており、2020年石垣島企画の引率も担当。

日程

2021年6月20日(日)〜26日(土)6泊7日 催行中止

2021年8月22日(日)〜28日(土)6泊7日 催行決定!

費用

参加費(参加人数・催行決定時期による変動制)

6月日程:7名68,000円/人、6名75,000円/人、5名85,000円/人

8月日程:7名69,000円/人、6名76,000円/人、5名86,000円/人

宿泊費、現地レンタカー代、食費(移動日を除く5日間・15食分+αの炊事代)、その他運営経費

※金額は2021年3月20日時点での試算です。催行決定時期により変動いたします(原則、時期が遅くなるほど高額になります)

※飛行機代、PCR検査費用が別途かかります。また、移動日の外食代や、子どもたちが有料アクティビティを計画した場合の費用などは、実費がかかります

募集人数

最大7名

※参加費を実費のみとする非営利企画のため、参加人数が5名に達した場合のみ催行いたします

※なお、参加できるのはお子さんのみですが、ご家族も近隣の宿をとるなどして、同時期に石垣島に滞在していただいてもかまいません。見守りの手伝い等をしてくださる方もいらっしゃいます。ワーケーションや休暇をかねて、ぜひご検討ください

飛行機チケットについて

費用を抑えるため、LCCのピーチ(Peach Aviation)を利用します。おおむね0.5〜1.2万円程度が目安です。JAL、ANAの割引料金の1/2〜1/3、通常料金の1/8前後となります。

ただし、ピーチには以下のような制約があります。

  1. 子ども単独でのチケット購入ができない
  2. 座席が埋まるにつれ割高になり、JAL・ANA割引運賃との差がなくなっていく
  3. キャンセルが原則不可(プランによっては可能だが、ポイントバックで現金では戻ってこない)

1および2については、早い段階(概ね春休み前が目処)で、運営側でまとめて購入することで、解決ができます。一方で、参加を希望されるみなさんには、早い段階で予定を決めていただき、チケット購入代金をお支払いいただく必要があります。

3については、JAL、ANAの割引料金のキャンセル料と比較して、差異がありません。

たとえばANAのスーパーバリューの場合、搭乗日55日前より30%の取消手数料がかかり、運賃23,590円(6月)なら7,077円、30,190円(8月)なら9,057円となり、ピーチの運賃全額とほぼ同等です(搭乗日が近づくほど、JAL・ANAのほうが割高になります)。

ただし、体調不良で医師の診断書等がある場合、JAL・ANAでは手数料なしで全額戻ってきます。ピーチでは、緊急事態宣言発令時に無条件払い戻しは可能であるものの、JAL・ANAのような体調不良特例は一切ありません。この点、ご了承ください。

予約金

費用のうち一部を、参加を決めたあと1週間程度でお支払いいただく必要があります。

  • 宿泊施設6泊7日予約金 27,400円
  • レンタカー6泊7日予約金 9,200円(8月)
  • ピーチ航空券実費

キャンセル/催行中止について

キャンセル時に想定される出費は、以下となります。

  • ピーチ航空券実費(原則、返金されません)
  • 宿泊キャンセル料(7日前まで50%、それ以降100%)
  • レンタカーキャンセル料(催行中止となる場合のみ。6日前~3日前まで20%、2日前~前日まで30%、当日50%)

また、以下のような場合に、催行決定後に中止となる可能性があります。

  • キャンセルにより5名に満たなくなってしまった場合や、ピーチが欠航してしまった場合(参加費がさらに割高になりますが、それでも実施をするか、参加家族間での意思疎通を行い決定します)
  • 石垣島側で、渡航自粛要請や緊急事態宣言が出された場合(ただちに中止とはせず、情報収集につとめ、可能な限り実施の可能性を検討します)
  • そのほか、子どもの体験価値を保証できない、または安心・安全を保証できない状況となってしまった場合など。現実的に考えられるリスクとしては、運営スタッフがPCR検査にて陽性となってしまう、というケースが考えられます

など

※このような不可抗力による催行中止の場合でも、状況により、ピーチ航空券実費や、宿泊キャンセル料が発生する場合があります。航空会社や宿泊施設の対応に則ることとなりますので、ご了承ください

フィールド紹介

宿泊拠点

BEACH HOUSE [泡人]

大きな一つの空間に、ベッド、二段ベッド、ロフト+マットレスがあり、死角がほとんどなく、安心して見守ることができます。

着替えなどプライベート空間が必要な際は、シャワールームや、一つだけある個室を利用します。女子ならではのデリケートな問題も、女性スタッフのかおりちゃん(池田香織)のもと、しっかり配慮させていただきます。

夜間は、ハブが生息しているため(多くはないそうですが)外出は禁止。※一つの空間なので、出ていこうとすればすぐにわかります

観光地・川平湾の奥まったところにあり、周辺に人家はなく、どこかへの通り道でもないので人通りもなく、近隣住民や一般観光客とのトラブルのリスクも極めて少ない環境です。

徒歩3分程度のビーチ

車1分の川平湾

その他、足を伸ばすと石垣島ならではのスポット多数!

現地での過ごし方

生活ルール

就寝時間や起床時間、シャワーの時間などは、すべて子どもたちに委ねられます。

こちらから要望する決まりはただ一つだけ、「決めた時間を過ぎたら、眠りたい人が眠れるようにすること」。

また、家では当たり前だったことが、ここではそうだとは限りません。普段はまったく違うルールで生活している同士が集うので、さまざまなトラブルが起きます。

炊事

滞在中は、原則として自分たちで炊事を行います(子どもから外食の提案があった場合、費用別途で外食に行く可能性はあります)。

買い物ができる「マックスバリュ 石垣店」等があるエリアへは、車で30分ほど。毎日買い物に行くのは難しいので、子どもたちでこんだてを考え、ある程度まとめて買い出しをします。

炊事、洗い物は、おそらく当番制になるだろうと思いますが、担当になったときには、自分が食べたいものを作って食べることができる利点があります。

食べたいと思っても作り方や材料がわからなければ、子どもたちはインターネット検索を駆使して、自分で調べることが求められます(スマートフォン持参、またはレンタルを推奨します)。

アクティビティ

BEACH HOUSE [泡人]から動かずとも、エメラルドグリーンの海や、南国の空の下で遊ぶことができます。

一方で、子どもたちが自分で調べ、「ここへ行きたい」という提案があれば、車で移動することもできます(やはり、インターネット検索が大きな役割を果たします)。

2020年開催では、有志でマングローブ林へ釣りに行きました(大きく潮が引いており釣れませんでしたが、いい経験です)。

また、車で15分の御神崎では、東シナ海の絶景を体験しました。

喧嘩・トラブル

最初は非日常の南の島へ来た興奮のほうが勝っていますが、2日目、3日目となると疲労もあり、共同生活でもあり、些細な積み重ねから、次第に衝突が増えていきます。

子どもの個性によっては、大きな喧嘩に発展することもあります。

大人は、発生したトラブルに対して、どちらが悪いという裁定や、こうしなさいという指導は、一切行いません。見守り役、整理役、聞き役にのみ徹します。

トラブルが耐えなくなってきたタイミングで、それぞれの胸の内を伝え合う時間をつくる

なお「暴力だけは絶対にいけない」という考え方もありますが、手が出てしまっても、小競り合い程度であれば止めません。ぶったり蹴ったりしても、痛い思いをするだけで、双方がヒートアップしてしまい、より事態は悪化。なにも解決にはならないとよくわかるからです。

(なお、大怪我のリスクがある場合や、感情のコントロールができなくなっている場合、解決を放棄して繰り返し暴力を振るう状態になってしまっている場合は、制止することを最優先に動きます)。

お互いに価値観の違う一人の人間であり、それぞれに気持ちや思いがあります。明らかにどちらか一方が理不尽で悪いとしても、悪いと指摘するだけでは、その場はうまく回りません。

子どもたちは、正解など存在しない問題に、体当たりで挑むことになります。

スケジュール

保護者向け説明会(オンライン)

6月23日(水)22:00〜

子ども対象オリエンテーション(オンライン)

8月11日(水)20:00〜

本番

1日目

12:00 成田空港 第3ターミナル集合・搭乗手続き

12:30 保安検査通過

13:25 Peach MM535便にて新石垣空港へ

17:05 新石垣空港 着

17:30 レンタカーで市内飲食店(夕食)&買い出し

20:00「Beach House 泡人」着〜生活ルールを決めるオリエンテーションをおこない、就寝

2日目

午前中 プライベートビーチや、川平湾などを散策。フィールドチェックののち、行動計画を立てる

午後 フリー(子どもたちの計画に従って行動します)

3日目〜6日目

フリー(子どもたちの計画に従って行動します)

7日目

午前中 荷物整理&清掃

10:00 チェックアウト

フリー(子どもたちの計画に従って行動します)

15:00〜16:00 新石垣空港着

(各自の判断により軽食)

16:30 保安検査通過

17:45 Peach MM536便で成田空港へ

21:15 成田空港着〜解散

新型コロナウィルス対策について

対策のポイントは、可能な限り持ち込まない「事前対策」と、活動中の三密を避ける「現地対策」の大きく2つに分かれます。

事前対策

1週間の生活をしますので、参加者の中に保菌者がいた場合、どれだけ気をつけていても、感染を避けるのは困難でしょう。

よって、

  1. 渡航前1週間の体調観察
  2. 渡航2〜3日前の、唾液PCR検査(自費・数千円〜1万円程度)

を参加の条件とします。

現地対策

飛行機

機内は極めて換気の良い環境であり、2〜3分ですべての空気が入れ替わるほどとされています。

マスクをせず大声で騒ぐなどの行動をしなければ、リスクはほとんどないと言えます。

移動中(レンタカー)

PCR検査で陰性の私たちだけが乗車します。

念のため、窓を開け換気を良くし、マスク着用を基本とします。

宿泊

6月も8月も、石垣島は真夏です。常に窓を開け放し、換気の良い環境をつくります。

体調の変化を見逃さないことが大切ですので、毎日、全員の体温検査をし、異変がないかヒアリングをします。

炊事中はマスク着用を徹底し、手指の消毒を義務付けます。

アクティビティ/買い物など

拠点の「BEACH HOUSE [泡人]」は、観光地・川平湾にありますが、中心地とは隔離された一角にあり、またどこかへ向かう通り道でもなく、人通りが基本的にありません。徒歩数分のビーチも、ほぼプライベート状態で遊ぶことができます。

このような立地から、現地で人との接触を気にしなければならない場面はなく、事前対策を徹底できれば、リスクをかなり低くできると見込めます。

一方で注意を要するのが、どこかへ出かける場合です。混雑状況を見極め、リスクをコントロールできない状況であれば、大人の判断で避けるケースが考えられます。

この点、休みではない6月と、夏休み中の8月では、当然ながら8月のほうが人出が多いと予想されます。

子どもたちが計画しても、混雑しているので中止せざるを得ない(あるいは単純にアクティビティの予約ができず体験できないなども)の制約が考えられます。

最悪、「BEACH HOUSE [泡人]」の周辺で遊ぶしかないよね、という結論になることもありえますので、この点はハイシーズンのデメリットとご承知おきください。6月のほうが制約なく、のびのび活動できる場面は多いでしょう。

免責事項

第1条:怪我について

asobi基地アドベンチャーでは、「子どもが、自分自身の気持ちに向き合い、自分の責任で選択をして、自由に行動できる」環境を大切に、見守りを行います。

子ども自身の「選択」や「挑戦」を尊重するなかで、さまざまな怪我をする可能性があります。ご了承の上で参加をお願いいたします。

※当然ではありますが、致命的な事故や、後遺症が残るような大怪我につながるリスクが考えられる場合は、子どもの意志よりも、安全を優先し対応いたします

アクシデントや怪我等に備え、保護者の責任において、必要に応じて保険(国内旅行傷害保険など)の加入をお願いいたします。イベントにおいて発生した損害・怪我は、いかなる場合においても補償いたしません。

第2条:喧嘩などトラブルについて

asobi基地アドベンチャーでは、喧嘩を「価値観の異なる他人と共存するにはどうしたらいいか?」という社会性を学ぶ、貴重な機会であると捉えています。よって、喧嘩を禁止せず、致命的な事故が起きないよう注視しつつ見守ります。

様々な人間関係や、突発的な事象の影響で、子どもが一時的にショックを受ける可能性がありますので、ご了承ください。

一方で、一人ひとりを近い距離から見守り、細かくフォローをしていきます。互いの気持ちを伝え合う体験の中で、様々な実感を得て、一回り成長して帰宅してくれるものと期待します。

第3条:新型コロナウイルスについて

asobi基地アドベンチャーでは、当ページに記載のとおり、可能な限り、新型コロナウイルス COVID-19の感染リスク低減のための努力を行っていきます。しかしながら、リスクを完全には排除できません。

この事実を承知のうえで、保護者の責任・選択において、参加の判断をお願いいたします。

第4条:催行中止等のリスクについて

当ページに記載のとおり、参加者のみなさまに一切の落ち度がなくとも、催行中止となったり、費用負担が増したり、キャンセル料が発生してしまう場合があります。

「asobi基地アドベンチャー at 石垣島」は、世の中一般の旅行ツアーのように、サービスを提供する対価として参加費を頂戴するわけではなく、必要最小限の経費と、実費のみをお預かりし、保護者のみなさんの代理として実施する、非営利・ボランティア企画となります。

参加費用を安く抑えられる反面、以上のようなリスクも存在するのが事実です。理解いただいた上での参加申し込みをお願いいたします。

Q&A

PCR検査には偽陰性・偽陽性もありますが、なぜ検査をするのですか?

このような社会情勢の中、企画が社会的に許容されるために、「可能な範囲で、できる限りの対策を徹底する」ということが大切だと考えているためです。

昨今、東京や首都圏を中心に、もはやどこにウイルスがあるかわからない状況です。子どもたちを心身両面から守るために(健康だけでなく、世間からのバッシング等も含む)、無策で強行するというわけにはいきません。ご理解、ご協力をいただけますと幸いです。

PCR検査の陰性証明書を提出する必要はありますか?

ありません。

ただし、「各自の責任において陰性を確認する」旨の誓約には同意していただきます。

PCR検査で陽性だった場合、症状が一切なくても参加できないのですか? 偽陽性だった場合はどうなりますか?

追加費用はかかってしまいますが、再検査をするなどして、陰性(偽陽性だった)と確認ができれば、参加いただけます。

一日遅れの合流なども、臨機応変に対応させていただきます。