ブラウザで見る
rogo2
asobi基地ユニバーシティ通信 Vol.13

国内随一の心動かされる景色を、自分の足で確かめに行く、asobi基地アドベンチャー・トレッキング編!関東以北最高峰「日光白根山」2,578m

noteヘッダー画像(ユニバーシティ)-3
実はわたし、疲れることが大嫌いです! こんにちは。asobi基地ユニバーシティのよりかね隊長です。

今回はトレッキングプログラムのお知らせです。asobi基地ユニバーシティでは、あまり難易度が高く、参加する子を極端に選ぶようなプログラムをやるつもりはないのですが、「ここまでなら大丈夫かな……?」と探り探りお試し開催してみるのが、日光白根山です。

冒頭で「疲れることが大嫌い」と書きましたが、これは冗談でもなんでもなく本当の話で、中学・高校と、体育の1,500m走はもちろんのこと、ダッシュを繰り返すバスケットボールなんかも本当に嫌でしたねえ(笑)

そんな私ですが、トレッキングは別です。いや、そもそもアウトドア・アクティビティは全般に筋力・体力を使い疲れるもので、その疲労を心地よく感じる(あるいは満足が勝って気にならない)か、「疲れた」「辛い」ばかりに目が行ってしまい耐えられないか、そこが重要です。

トレッキング、登山、山登りと聞くと、体力が必要で、辛いのを耐えるからこそ精神力が鍛えられ、登り切ることで自信がつき……というイメージがあるかもしれませんが、これは綺麗サッパリ忘れてしまってください!

もちろんそういう楽しみ方をする人もいらっしゃいますが、私はこれは、どちらかというと不器用な部類だと思っています。

なぜなら、山には、「体力の限界に挑戦して登り切る」ということ以外にも、人それぞれ千差万別、ほんとうに無数の楽しみがあるからです。

まず、シニア層の趣味に多い事実が裏付けているとおり、並以上の体力は必要ありません。このからくりは、有酸素運動にあります。

100m全力ダッシュをすると、誰しも息があがってゼーゼーハーハーになりますが、人間はこの状態では、運動を長時間続けることができません。

トレッキングでは、"ガーッと一気に登って、息があがって休んで" は最悪のNGパターン。すぐにバテてしまいます。

一方で、心拍数が上がって(私の場合は100-120くらい)、軽く息が切れるくらいの状態であれば、これが自分か?とびっくりするくらい、登り続けることができてしまいます。

本当に、一歩一歩、ゆっくりでいいんです。自分のペースで、着実に高度をあげて行き、ふと手元のスマホアプリを確認すると「ああここまで登ってきたか」この瞬間の充足感が、私は大好きです。

こうして「疲れた」「辛い」以外のことに目を向け、ゆっくり歩いていると、足の筋肉は大丈夫かな、余力はどれくらい残っているかな、体調に変化はないかな……普段はあまり意識しない、自分の身体の状態に意識が行ったり。

あるいは、目に飛び込んでくる景色、聞こえる音、自然のにおい……自然に五感をとけこませていく感覚だったり。

単純に、足場を選び、木の根や岩をよじ登る面白さもあります。

参加する子どもたち経験もバラバラですし、個性も違うので、トレッキングをどのように捉えているのかはわからないのですが、もし「辛いのを我慢する」「頑張る」というところに意識がいっているなら、それ以外の "山だからこその魅力" に目を向けられるよう、お手伝いがしたいなと思っています。
NZ6_3295
nikkou-shirane-39
nikkou-shirane-56
そしてねえ、この日光白根山、ロープウェイを活用できるので、山頂までほんの1.5h〜2hくらいで行けるのに、本当に素晴らしい景色、問答無用の自然環境があるんですよねえ。

ちょっとアクセスが大変ですし、集合時間も早朝ですが、ロープウェー駅周辺で、車中泊やキャンプもできますので、ぜひぜひご検討くださいませ。

天候が良ければ、子どもたちの心に深く刻まれる体験になってくれるはずです!

【7/4】asobi基地アドベンチャー トレッキング編 at 日光白根山(2,578m)

頑張れるからと言って偉いわけじゃない。ゆっくり、じっくり、全身で感じる。山との向き合い方、楽しみ方は、人の数だけあるのだ …

続きを読む
【7/4】asobi基地アドベンチャー トレッキング編 at 日光白根山(2,578m)
narsu

2021年夏休みシリーズ3企画を裏方からサポートしてくれる、見守りボランティアを募集します♪

すでにご承知の方も多いと思いますが、asobi基地ユニバーシティでは、2021年夏休み企画を「日本一の自然に出会う旅」をテーマに、3プログラム用意しています。

あとわずかの詰めで、募集開始できる予定です。

  1. 【7/26-28】asobi基地アドベンチャー2021|日本一の自然に出会う旅 at 石樋 シャワートレッキング(キャンプ泊)
  2. 【8/2-4】asobi基地アドベンチャー2021|日本一の自然に出会う旅 at 無印良品 津南キャンプ場(キャンプ泊)
  3. 【8/5-7】asobi基地アドベンチャー2021|日本一の自然に出会う旅 at 白馬・八方池&つがいけWOW!(民宿泊)
通常、子どもたちにのびのび自分らしさを発揮してもらうため、保護者のみなさんは同行できないルールとしています。

また、事業ですので大人スタッフも無闇に増やすわけにはいきません(参加費が天井知らずに高額になってしまいます 泣)。

が!

小学校高学年〜中学生の同世代コミュニティだけではなくて、多種多様な年上世代・大人たちとかかわり、ちょっと背伸びしたり、張り合ったり、刺激を受ける経験は、お年頃の子どもたちにとって、貴重なもの。

ひとりの人として、お年頃の子どもたちにかかわり、「自分で決めてやってみる」を見守りつつ、子どもたちが掛け値なしの大自然の中での体験に専念できるよう、サポートしてくださる方がいてくれたら、より価値のある時間になるはずです。

ちょっと年上の高校生。もっと年上の大学生。社会に出た大人。パパ・ママ世代。もし協力してもいいよ、という方がいらっしゃいましたら、ぜひお願いしたいと思っています。

何卒よろしくお願いいたします。

詳細は、以下URLをチェックしてください!
asobi基地アドベンチャーの2021年夏休みシリーズ「日本一の自然に出会う旅」3企画実施にあたり、小学校高学年〜中学生 …

続きを読む
2021年夏休みシリーズ3企画を裏方からサポートしてくれる、見守りボランティアを募集します♪
プログラム募集開始の最速のお知らせは、asobi基地ユニバーシティ LINE公式アカウントにて!スマホでダイレクトに通知を受け取れます。その他、近況報告や、読み物のお知らせなども配信中♪ ぜひ「友だちに追加」をしてくださいね?
ja
facebook website custom custom 
MailPoet